2010年07月02日

安定した仕事を探すためのポイント

安定した仕事と一口で言っても、昨今では一概に語れないようになって
しまいました。

戦後から平成初期にかけては、国内大手メーカーや企業・銀行・保険
会社などは「絶対に倒産しない」安定業種と考えられてきました。

しかし、時代とともにどんどん変わっていくのが現実です。

銀行や保険会社、デパートなど、誰もが「倒産しない」と信じていた
企業が相次いで倒産しました。

日産が、海外から経営者を呼び込んで大掛かりな経営再建をしたり、
国内外での就職希望者人気が高かった日本航空が経営破たんしたりと、
大規模な経営破たん・倒産が発生しているのも特徴です。

つまり、今日のベンチャー企業が、明日は日本を背負う企業に発展する
かもしれませんし、有名な大企業が倒産するかもしれません。

単なるネームバリューに左右されずに、経営状態を把握した上で会社を
選択するべき時代になったとも言えるでしょう。

このような中で、どんな時代でも安定していると考えられているのが
公務員です。

ただし、公務員になるには、公務員試験で合格する必要がありますので
狭き門を通過しなければなりません。
嘱託採用や期間採用などはありますが、なかなか転職で入れるような
職種ではありません。

それでは、今後はどのような仕事を選べば安定できるのでしょう?

あくまでも安定を最優先に望むのであれば、これからニーズが高まり
そうな業種や職種を選ぶと安全かもしれません。

例えば、少子化で数が少なくなっていく子供を相手にした仕事より、
今後ますます増加する老人を相手にした仕事の方が需要が高いと考える
ほうが自然です。

また、時代に左右されないのが冠婚葬祭業と言われています。
この業界の中でも、結婚よりも葬式のほうが多くなりそうですね。
ラベル:安定 仕事 探す
posted by 就活を成功させましょう at 07:57| 転職 職種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
内定ガイド〜本当の就職活動必勝法〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。