2010年06月16日

士業としてやっていくためには?

税理士・司法書士・行政書士・弁護士などといった、いわゆる「士業」を
目指そうと考えておられるのであれば、既にその資格を持っていないと
仕事はできません。
まだ資格を持っていないのであれば、仕事につきたい士業の国家資格を
取得しないことには仕事を始めることすらできません。

大学や専門スクールで、みっちりと長期間学んで国家試験を受けるのが
一般的です。
試験内容も決して簡単なものではなく、何度も受験してようやく合格と
いう方も数多く存在します。

これらの職種のほとんどは実務経験も必要ですので、事務所に所属して
実務経験を積みながら、受験に備える人も多いようです。

事務所を構えて独立する方法もありますが、まずは、資格を持った上で
求人を出している事務所を探す方法や、事務員などの業種で事務所に
所属しながら実績を積んでいくという方法があります。

あなたの資格や実務経験によって、採用先や雇用形態も変わります。

事務所も個人で経営しているような小規模な事務所もあれば、会社組織と
動いている大手の事務所もあります。
大手の事務所では、比較的新人の受け入れ態勢も出来ていますし、求人
情報も探しやすいのではないでしょうか。

多くの先輩もいるために、営業から仕事の進め方まで幅広い面で勉強に
なると思います。

一方、個人事務所では、所長のみが○○士の資格を持っていて、それ
以外は少数の事務員だけというケースがほとんどです。
人件費に費やせる割合もありますので、事務員以外の求人が出ることは
ほとんどありません。
事務所の運営が軌道に乗り、仕事が多くて手が回らなくなった場合に
「もう一人」と言う感じでの求人が出ることがあります。

もちろん、人手不足を補うための募集ですから、「即戦力となる人」の
募集であり、新人教育をのんびりやる余裕はありませんし、それどころか
採用をされることもないでしょう。
ラベル:士業
posted by 就活を成功させましょう at 08:37| 転職 職種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
内定ガイド〜本当の就職活動必勝法〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。