2010年05月26日

転職理由はどう記入するべきか?

第二新卒として転職しようと思ったときに、最も頭が悩まされれる
のは、転職の理由を記入する欄でしょうか。

当然ですが、現在の状況を愚痴っぽく書くことはタブーですし、前の会社の
不平不満を書いてしまうことはマナーの問題です。

しかし、転職となれば、なにかしらの理由があるのが普通です。

倒産したといったことを除けば、何も不満がなければ転職を考えるはずが
ありません。
またた、理由もなく転職をする人材は、企業側からすると不可思議な人物
という扱いをされるおそれもあるわけです。

それでは、不満を上手に伝えるには、どうすればいいのでしょうか?
いくつかご紹介していきましょう。

転職の理由として、よく聞かれるのが「会社の経営方針についていけない」
といった理由です。

あなたがこのことを素直にそのまま書いてしまうと、もし採用されたと
しても、その会社の経営方針が気に入らなければまた転職するのか?と
採用する側の企業の担当者は考えます。

しかし「私はこういう考えがあったので、前の会社の経営方針とは一致
しなくなった」と、単なる不満ではなく、あなた自身の言葉で自己主張を
してみたらどうでしょうか。

採用する側からすると、向上心のある応募者という印象を与えるのでは
ないでしょうか。

「会社が〜」という言い方ではなく、「私は〜」という言い方であれば、
同じ内容のことを言ったとしても、聞く側が受けるイメージは変わって
くるものなのです。

それに加えて、その「自分の考え」を実行するために何が必要かを
考え、これまでにどのような努力をしてきたかも合わせて伝えれば、
悪い印象を、採用担当者が持つことは少ないのではないでしょうか。

すべてを会社のせいにして、転職だけを頼みの綱にするような人材は
どこの企業であっても雇用したくないと思います。

あなたが転職すると決める前に、前の会社で辞めないで済む努力をしたか
どうかも重要です。

理由はどうあれ、単なる不満で転職を簡単に決めたのではないことを、
しっかりとアピールできるように練習する必要があるといえるでしょう。
ラベル:転職理由
posted by 就活を成功させましょう at 08:25| 第二新卒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
内定ガイド〜本当の就職活動必勝法〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。