2010年05月21日

新卒や第二新卒で応募する場合と中途採用の場合との違い

新卒や、第二新卒で転職する場合と、中途採用で転職する場合の違いは
何でしょうか?
このことをしっかりと把握できていない方が意外に多いようです。

残念な事ですが、(第二)新卒採用と中途採用の違いを理解していない
ことにより、面接で会社が求めているようなものとは異なる自己PRを
してしまい不採用となってしまったという方が少なくありません。
本来はバリバリ仕事が出来るような実力のある方でも、うっかりしている
とやってしまうような間違いだったりするわけです。

しかし、一度きっちりと勉強しておけば、このような誤りはしなくなる
というくらいに簡単な事です。

新卒や第二新卒に求められるものは、主に以下の2点です。
決して、過去の実績などではありません。

・向上心

・コミュニケーション能力

多少経験が浅くても、人と関わる力があって、採用担当者にやる気が
伝われば採用されるというケースが多いです。
将来、花が咲きそうな苗を選ぶという感じです。

一方、中途採用は、今すぐに力を発揮できる人材を募集しています。
このために、対人能力ややる気も必要ですが、あなたが身につけている
スキルや経験のほうが重要視されます。

自分が求人先の会社でどのようなことをやりたいか、また、その為に
必要なスキルをどの程度もっているかという点がポイントになります。

新卒や第二新卒の場合は、入社後にやりたい事や、採用後のビジョンを
面接で語ったりや書類選考で記入することが一般的です。
明るく熱意のあるキャラクターも本人の強みになるわけです。

その一方、中途採用では本人のキャラクターなどは求められていません。
企業は、会社組織の中で足りないスキルや経験者を補充・強化するために
中途採用の募集を掛けています。
つまり、企業側の要求を満たさないような人材は不要なのです。

先ほどの例でたとえるながら、完成品としての花束を求めているわけです。
決して、苗や種を買ってきて、花が咲くのを待つわけではありません。

繰り返しになりますが、(第二)新卒採用と中途採用では、根本的に
ニーズが異なります。

この点を勘違いすることなく、的確なアピールをしてください。
特に第二新卒者の場合は、中途半端に前職の経験を語ろうとする場合が
ありますので要注意です。
求人先の企業によって異なる場合もありますが、あなたのポテンシャルを
中心に語っていったほうがいいでしょう。
posted by 就活を成功させましょう at 08:30| 第二新卒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
内定ガイド〜本当の就職活動必勝法〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。