2010年05月11日

20代後半での転職する際のポイント

大卒で就職された方であれば、20代半ば辺りになると、現在の職場に
不満や不安、疑問を感じることが増えてくるようです。
入社後3年以内に転職する方が多いというのもこういった理由でしょうか。

業務経験は数年程度しかありませんが、あなたの将来にとって、できる
だけベストな選択をしたいと考えるのは当然ですね。

以前は「我慢の足りないやつを採用してもすぐに辞めるだろうから採用
しない」という考えの下、20代の転職を受け入れようと考える企業は
中小零細企業で少々見られるぐらいでした。大企業ともなると門前払い
されるような状況でした。

しかし、雇用形態の多様化や企業側の考えにも変化がでてきたこともあり、
将来性のある若者を積極的に採用する企業も増えてきました。

このような経緯により、転職には20代が一番有利な年代といえるかも
しれません。
とはいえ、ニーズがあるということと、あなたの転職の成功とは必ずしも
一致しません。

とりあえず、どこでも転職できればいいなという考えはいけません。
転職先の業界・企業をどこにするのかを見極めることが必要です。

まずは、自分が得意とする分野と、苦手とする分野を整理する事から
始めてみましょう。転職したい業界も自然と決まってくるのではない
のでしょうか。

さて、入社を希望する会社と面接する機会に恵まれたとしましょう。
その場合、あなたの業務経験の少なさをカバーできるような、向上心や
現在持っているスキルを面接担当者に伝えられるように、前もって準備
しておきましょう。

これから何を目指し、どのような方向に進みたいのかを明確にできて
いなくては、満足のいく転職はできないでしょう。

・なぜ転職したいのか?
・今の会社の不満は何か?
・それを解決するにはどうすればいいか?
・転職して何がしたいのか?

こういったことを自問自答しつつ、ゆっくりと焦らず考えてください。

考え続けていると、進むべき道がみえてくるのではないでしょうか。
気持ちが固まったら、後はひたすら動いてみましょう。

20代のうちであれば、仮に失敗したとしてもやり直しがききますし、
心身ともにピークである20代の行動力は、何にも勝る強さになります。
posted by 就活を成功させましょう at 08:36| 第二新卒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
内定ガイド〜本当の就職活動必勝法〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。