2010年04月13日

会社を辞めるときにすることは?

会社を辞める事が決まったら、まずは会社に返却しなければいけない
ものを整理しましょう。

その後、不足のないように、きちんと返却しておきましょう。

制服や社員証、名刺、健康保険被保険者証も大切な返却物ですので、
返し漏れのないようにしておきたいものです。
家族の分の健康保険証なども忘れないように返却しましょう。

故意に返却しない場合は、窃盗罪や横領などの罪に問われるケースも
ありますので注意してください。

次に、会社から受け取る物もあります。
手渡しのこともありますし、会社から郵送されてくることもあります。

まずは、雇用保険被保険者証と年金手帳は必ず受け取りましょう。

離職票は会社からハローワークに申請を出してから発行されるため、
退職日にはもらえません。後日の受け取りとなります。

会社によっては、厚生年金基金加入員証も受け取ることになります。
ねんきん定期便と見比べる際に必要ですので、最低でも65歳までは
手元に残しておきましょう。

退職後に国民健康保険に加入する場合には、健康保険資格喪失証明書も
必要ですが、こちらは、離職票や退職証明書でも代用できます。
国民健康保険に関しては、区市町村役場・役所で手続きしてください。

なお、会社でくみあい健保などに加入している場合は、退職後2年間は
任意加入者として、国民健康保険に加入しないで、会社に勤めていた
ときに使っていた健康保険を続けることも出来ます。

支払う保険料は、勤めていたときの倍の金額です。
国民健康保険と比較して、保険料が安いほうをとりあえずは選ぶといい
でしょう。

源泉徴収票は、退職時に発行する会社と、年末に送付する会社に別れます。
転職して、次の会社で年末調整を行うときや、転職活動が長引いてしまい、
無職の状態で2月を迎えると、確定申告をあなたが行う必要があります。
きちんと確認しておきましょう。

交通費の清算が終わっていなければ、忘れずに清算して下さい。

会社を辞めた後に無職になる場合は、国民年金に加入することになります。
早目に役所へ行って手続きしましょう。

国民年金には免除制度がありますので、次の就職先が決まっていなければ
区市町村役所・役場の担当窓口に相談してみて下さい。
posted by 就活を成功させましょう at 08:25| 会社を辞める | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
内定ガイド〜本当の就職活動必勝法〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。